送信機と受信機の間に別の建物を挟みますが通信は可能ですか?

送信機と受信機の間に建物や壁、丘などが挟みますと通信距離が短くなる場合がございます。

 

特に鉄骨造り、鉄筋コンクリート造りの建物は電波を遮断します。

 

電波自体は指向性はございませんので、送信機、受信機の双方から見通しの利く場所に中継機を設置して、障害物を避けながら電波を迂回させて流すようなイメージでご検討をいただいた方がよろしいと思います。

 

 

リレー接点監視無線自動通報装置(特定小電力無線)
接点信号を受けた無線発信機は長距離無線で離れた受信機を作動させ、受信機から接点信号出力を行います。見通し100〜300mまで送信可能です。
リレー接点監視無線自動通報装置-特定小電力無線